Homeソーダ工業の解説 > ソーダ工業の概要
ソーダ工業の概要
ソーダ工業の概略図

 ソーダ工業は、塩を原料に、幅広い産業分野の原料・副原料、反応剤などに使われる化学薬品を製造する工業で、基礎素材産業の一つです。わが国におけるソーダ工業は、塩水を電気分解して、か性ソーダ、塩素、水素を製造する「電解ソーダ工業」と、同じく塩を原料に、炭酸ガスやアンモニアガスを反応させてソーダ灰を製造する「ソーダ灰工業」とから成り立っています。

 電解ソーダ工業の特徴は、塩水の電気分解によって、か性ソーダ、塩素、水素という全く性質の異なる製品が、常に一定の比率(質量比で、1:0.886:0.025)で製造されることです。特に、需要分野の違う、か性ソーダと塩素、両製品の需給バランスを常に考慮しながら操業することから、別名「バランス産業」とも言われます。さらに、電解ソーダ工業の主要な原料である塩と電気において、塩がすべて海外から輸入されることおよび、電力が、製造コストの約3割を占めることも特徴の一つです。
 電解ソーダ工業では、か性ソーダ、塩素、水素が製造されますが、この内、塩素は、直接ガスのまま消費される他、液体塩素、塩酸、次亜塩素酸ソーダ、高度さらし粉などの塩化物として製品化されます。
 これら塩化物と、か性ソーダ、ソーダ灰を、特にソーダ製品と呼んでいます。これらの化学製品は、さまざまな産業分野で直接または間接に使用され、私たちの生活に欠かせない各種製品をつくるために役立っています。このため、ソーダ工業の発展の度合いが、その国の経済活動や産業発展の一つの目安になるとも言われ、国民生活の向上と産業活動の発展に重要な役割を果たしています。

 現在、わが国のソーダ工業の事業所は、電解ソーダ工業が24社30工場、ソーダ灰工業が1社1工場で、ソーダ工業に携わる従業員数は約1,800人で、ソーダ製品の生産額はおよそ3,500億円となります。
 しかし、ソーダ工業は基礎素材産業であるため、消費される2次、3次製品にまで拡大すると、膨大な規模となります。

 電解ソーダ工業もソーダ灰工業も成熟産業と言われていますが、わが国の電解ソーダ工業は、世界で最も優れた省エネルギー設備を有し、現在、世界に先駆けた技術開発を進めています。
 わが国では、他の先進工業国と同様に、か性ソーダ需要より塩素需要が多いため、塩素需要寄りの操業が行われています。か性ソーダの輸出と、塩素誘導品の輸出入によって、両製品のバランスを取っています。
 か性ソーダ、塩素そして原料の塩、電気等、わが国ソーダ工業は、海外の動向に大きく影響される状況の中で、常に国際競争力が問われています。